外資系医療器具販売と日本進出の手続き代行・コンサルティング シカゴ東京グループ
afex:エーフェックス 男性用尿失禁・尿管理製品
エーフェックス開発の経緯
エーフェックス製品概要
エーフェックス部品の特徴と役割
エーフェックスのご利用例
システムの選択
一般活動用システム
車椅子用システム
寝たきり用システム
安楽尿器用システム
自由な組み合わせ
エーフェックスシステムの洗浄
エーフェックスの部品交換とコスト
エーフェックス使用上の注意
エーフェックスをご利用頂けないケース
保証について
エーフェックスを購入する
エーフェックスについて問い合わせる
afexメーカーホームページ(英文)
wunderpad:椅子用・ベッド用吸収パッド
UltraScope:ウルトラスコープ カラフル&デザイン聴診器
PHARMA-SEPT:手術用顕微鏡カバー・特殊ドレープなど

エーフェックス:安楽尿器システム

日中または外出の時に使えるエーフェックスシステムは、就寝時に便利な安楽尿器に生まれ変わります!

  • 排尿の介護を頼まなければならないが介護者がいない時がある。
  • 日中はトイレに行けるけれど夜は転倒の心配がある。なるべく移動しないで排尿したい。暗くても使える製品が欲しい。

安楽尿器用システムは、可能な限り介護に頼らず自立できるよう尿の管理を支援しています。

● 対象になる方(現在の生活と尿に関する悩み) ●
現 在 の 生 活 自立でトイレに不安があるがエーフェックス受尿器を自分で陰茎に当てることができる。
現在使っている安楽尿器より持ちやすく、こぼしにくい製品を探している。
尿に関する悩み 頻尿である。
尿意はあるがトイレは間に合わない。
尿意の都度、介護者の手をわずらわせず排尿したい。
注)エーフェックスのそれぞれのシステムは眠っている間の管理に難しい点があります(使用上の注意をご参照ください)。夜間エーフェックスをご使用する場合は装着しないで安楽尿器としてのご使用をお勧めします。眠っているあいだ尿意がない場合は基本的におむつの使用をお勧めします。
● 製品構成(パーツ) ●
受尿器 Hタイプ又はLタイプ 一般的に車椅子の方には容器入り口の角度が低いLタイプ、それ以外の方には角度が高いHタイプがお勧めです。安楽尿器として利用する場合は、どちらのタイプでもご利用になれます。
蓄尿袋(バッグ) 500mlバッグ
1200mlレッグバッグ
1500ml大容量バッグ
延長チューブ
エーフェックスのいずれかのシステム(一般活動用システム車椅子用システム寝たきり用システム)を既にお持ちの場合はパンツ部分を外し、受尿器とバッグ(及びチューブ)をつなげてベッドの横にぶらさげてください。夜間、尿意あったとき受尿器を陰茎に当てて排尿します。溜まった尿は朝になってから捨てます。

《商品の選択基準》
日中一般活動用導入セットを利用する場合:
一晩の尿量が500ml以下の方は、受尿器と蓄尿袋(バッグ)のセットをそのままご利用できます。
一晩の尿量が500ml以上の方は、1500mlの大容量バッグまたは1200mlのレッグバッグと延長チューブの利用をお勧めします。

日中車椅子用導入セットおよび寝たきり用導入セットを利用する場合:
ご利用の受尿器・チューブと1200mlのレッグバッグをそのままご利用できます。
なおエーフェックスのシステムを安楽尿器として使う場合、下記の注意事項を必ずお読みになってシステムを正しくご利用ください

>>エーフェックスを使用する際の注意

● 詳しい使用方法 ●
● 使用上の注意点 ●
吸引システムではありません。尿は重力により上から下へと流れます。尿量が多い場合はスムーズな流れを確保するためチューブなどの角度に注意する必要があります。そのためチューブが受尿器より下にあることをご確認ください。またチューブが折れ曲がっていないことをご確認ください。
インデックスページへ戻るページ上部へ戻る
インデックスページへ戻る