外資系医療器具販売と日本進出の手続き代行・コンサルティング シカゴ東京グループ
afex:エーフェックス 男性用尿失禁・尿管理製品
エーフェックス開発の経緯
エーフェックス製品概要
エーフェックス部品の特徴と役割
エーフェックスのご利用例
システムの選択
一般活動用システム
車椅子用システム
寝たきり用システム
安楽尿器用システム
自由な組み合わせ
エーフェックスシステムの洗浄
エーフェックスの部品交換とコスト
エーフェックス使用上の注意
エーフェックスをご利用頂けないケース
保証について
エーフェックスを購入する
エーフェックスについて問い合わせる
afexメーカーホームページ(英文)
wunderpad:椅子用・ベッド用吸収パッド
UltraScope:ウルトラスコープ カラフル&デザイン聴診器
PHARMA-SEPT:手術用顕微鏡カバー・特殊ドレープなど

エーフェックス:開発の経緯

● 「エーフェックス」を開発するきっかけは自分の体験から ●

「お父さんの悩みを何とかしてあげたい!」

「エーフェックス」の開発者であるマーク・ミスキー氏のお父さんは2001年ごろ、前立腺がんの手術の後遺症である尿漏れに悩まされ、あらゆる市場に出回っている商品を使ってみました。おむつ、コンドーム(シース)タイプのカテーテル、安楽尿器などなど。それぞれに利点はあるものの、それを上回る弱点が彼には気になりました。総合評価として外出向きではない、というのが彼の結論でした。外出が多く、活発に活動したい人であればあるほど、従来の製品は適していないことがよく分かりました。
お父さんに「もっと外出に適している尿管理システムを作ってあげたい。」というのがこのシステムの開発のきっかけでした。
3年ほどの試行錯誤を重ね、2004年夏アメリカで活動に適した製品を発表しました。一言で説明すると装着できる安楽尿器です。評判は非常に良く、「目立たない」「はき心地がとてもいい」「臭わない」「漏れない」「ごみが出ない」など、従来の製品と比べるとあらゆる面からみて画期的でした。それ以来「エーフェックス」がたくさんの方々に愛用されるようになりました。
また、当時ぼっ発したイラク戦争で下半身に障害を受けた従軍兵の方々の目にもこの製品が止まりました。その方々の依頼を受けて車椅子用のシステムが開発されました。
尿に悩んでいるおおくの方々の自由で快適な人生を取り戻すことが私達の夢と目標です。もちろんこれからもより快適を目指し開発を続けます。今後も更なる使用感の向上のため、ぜひお客様のご使用経験、ご要望などを教えてください。

インデックスページへ戻るページ上部へ戻る
インデックスページへ戻る